食べ物

韓国人とビビンバ

 

안녕하세요! アンニョンハセヨ!

YOULOVEKOREAのキムです!

 

皆さんは一度でもビビンバを食べたことがありますか。

今回は韓国の代表的な食べ物「비빔밥 (ビビンバ)」について見てみましょう。

 

 

ビビンバとは?

 

 

 

비빔밥 (ビビンバ) =비비다ビビダ (混ぜる)+ 밥 バップ(ご飯)

 

비비다ビビダ の名詞形が 비빔ビビム で 비빔밥は「混ぜご飯」の意味になります。

 

 

ビビンバの特徴

 

ビビンバには以下の特徴があります。色が鮮やかで食欲が出ますし、また野菜が多い為に栄養のバランスが取れて健康に良いです。

 

ビビンバの特徴

  • カラフルな色の食材(ナムル、ガーニッシュ、黄卵など)
  • 栄養のバランスが良い
  • 食材が混ざり合って出す豊富な味

 

 

ビビンバの歴史

 

ビビンバは1800年代のと言う料理本に初めて登場しましたが、記録される前から食べてきたと言われています。

ただ唐辛子は1598年以降食べ始めたのでそれまでは고추장(ゴチュジャン)より醤油を入れたそうです。

 

ゴチュジャン

 

 

ビビンバの種類

 

ビビンバはご飯とお菜を入れて混ぜるっていう基本の形があるだけでそれ以外は作る人の任意でできる料理です。主に何を入れるかによって味と名前が変わっていくからです。

全国にある地域の食材や人の好みによっていろんな「OOビビンバ」があります。

 

*전주콩나물비빔밥 (全州もやしビビンバ)

もやしがメインに入るチョンジュの代表ビビンバ。

ちなみにチョンジュビビンバが韓国で一番有名です。

 

*진주 육회비빔밥 (晋州ユッケビビンバ)

ユッケを入れて食べるチンジュのユッケビビンバ(牛肉を入れて作ったゴチュジャンを使用)

 

*제주도 성게비빔밥 (済州ウニビビンバ)

ウニがメインのビビンバ。済州島は馬刺しビビンバ、アワビビビンバなど変わったビビンバが多いです。

 

*산채비빔밥 (山菜ビビンバ)

昔は肉を食べないお寺で山菜ビビンバを食べたそうですが、今は一般的なビビンバの専門店で食べれます。

 

*전비빔밥 (ちぢみビビンバ)

法事・祭祀の後、残った ジョン(チヂミ)をビビンバの中に入れて食べるちぢみビビンバ。ほとんど家で食べることが多くて食堂では売っていません。

 

 

韓国人にとってビビンバとは?

 

 

法事・祭祀後、残りの食べ物の処理

昔韓国の安東(アンドン)では法事の後に残った食べ物をご飯に入れて混ぜて食べたそうです。それが美味しくて一つの料理として一般的に作って食べたみたいです。

法事や祭祀は今も多くの韓国人が一年に何回か行う家庭の行事です。

ご先祖様に差し上げるために作る食べ物はにんにくを含めた香辛料が一切入らないし量も多いです。

なのでそのまま食べるのに味が薄いから味を加えて食べた料理の一つがビビンバという説もあります。

ナムルはビビンバとして食べて、ちぢみ類はチゲなどに入れて食べます。

 

ビビンバは宮廷料理?

もちろん韓国を体表する料理なので高級な食堂や専門店でも食べれますが、実はビビンバはとても庶民的な食べ物です。

冷蔵庫にある残ったおかずをご飯と一緒に容器に入れ、ゴチュジャン1スプーンとごま油1スプーンを入れて混ぜて食べると素晴らしい一食になります。

 

親睦の料理

学生時代、今はほとんど給食ですが、私の時代は弁当を持って学校へ行きました。

たまにクラスの友達が集まって持ち物の担当を決め大きい容器に3−5人のご飯とおかず、ゴチュジャン、ごま油を入れて混ぜて食べたりしました。

 

 

又は家族で一緒に食べたり、ストレスがたまると残りものを全部入れて食べたりします。

 

 

 

韓国人にとってビビンバは精神的な安定感を与える「ソウルフード」ではないかなと思います。

 

まとめ

 

ビデオアーチストの 고(故) 백남준 (ナム・ジュン・パイク)は生前にこう語ってました。

「東・西洋の文化の衝突と融合を表現する自分の芸術世界がビビンバの原理と同じだ。ビビンバは二つ以上の文化が同じ空間で衝突・融合しながら新しい文化を作り出すのだ」

 

一体韓国人にとってビビンバは何でしょうか。

新しくて違う文化を受け入れるのに違和感が少ない韓国人の特徴がそのまま入っているのが 「비빔밥ビビンバ」ではないかなと思います。

新しい材料とメーイン材料によって味が少し変わっただけのビビンバになるからです。

 

오늘 맛있는 비빔밥 어떠세요?  今日美味しいビビンバいかかでしょうか?

 

それでは

またね!

 

★この記事はいかがでしたか?★

  • この記事を書いた人
キム先生

キム先生

初めまして!ブログ筆者のキムです。 ソウル生まれのソウル育ちで、日本人と結婚してはや10年以上住んでます。 韓国の食べ物や化粧品について記事を書いたり、韓国語教師していますので韓国語についても書いています。ぜひ記事に興味を持っていただけると嬉しいです! 絵を描くこと、映画を見ることや食べることが好きです。

-食べ物
-,

© 2020 You love Korea