食べ物

「パラサイト 半地下の家族」とその食べ物について

  1. HOME >
  2. 食べ物 >

「パラサイト 半地下の家族」とその食べ物について

 

アンニョンハセヨ!

YOULOVEKOREAのキムです!

 

最近ある韓国映画が日本でもアメリカでも話題になっています。

 

それは!

 

パラサイト半地下の家族

 

韓国名では「기생충(寄生虫)」と言う題名ですね。

ポン・ジュノ監督の2019年の最新作でがカンヌ国際映画祭パルムドール<最高賞>を受賞しました。

11月からは<オスカレース>に乗り、各部門でノミネートされて受賞のために華麗なマーケティングを披露しています。

 

 

パラサイトが世界的に絶賛される理由としては、

現在自分たちが抱えている問題である「両極化現状」「貧富の格差」

2つ(ある意味3つ)の家族の対立でジャンルを超えながら上手く作り上げられたということであります。

 

でも監督ははっきりしたその目的で映画を作った訳ではないようです。

無意識的の意識を表現したらその結果、こう言うことになったとインタービューで聞いたことがあります。

 

一番ローカルな事を使い、世界でも通じるような感性を刺激するのが

この監督のスタイルらしいです。

 

 

ポン・ジュノ監督

 

 

シーンの細かいことまで気にして作り上げるディレクティングで有名なポン監督は、봉테일(ポンテイル)とも呼ばれています。

봉테일(ポンテイル) = 준호(ポン・ジュノ) + 디테일(ディテール)

 

 

ポン・ジュノ監督のおすすめ映画3選

살인의 추억(殺人の追憶) 2003年

마더(母なる証明) 2009年

기생충(パラサイト半地下の家族) 2019年

 

 

 

この監督は映画で瞬間的に映る新聞紙のフォントまでも全部決める事で有名です。

その訳で、ポン監督の映画は2〜3回観れば観るほど、新しい伏線を発見する楽しみがあります。

 

 

いろんなジャンルを融合して作品を作り上げているので、

途中からジャンルが変わることも体験できます。

(パラサイトも途中からジャンル変わりますよね!)

さらに常にユーモアコードは忘れないセンスもあります。

 

 

北米をはじめ、ヨロッパと日本まで話題の映画として最近注目される

「パラサイト半地下の家族」の中で、

私が注目したのは「食」です。

 

日本の方も気になると思いますので、

事実と私の考え方を混ぜて解釈してみました。

 

 

동네피자 ピザ

 

半地下の家で家族4人が職業もない貧しい生活を送りますね。

 

WiFi回線を盗み使ったり、賞味期限が切れた食パンなどを食べながら

無気力な生活を送る家族がバイトをします。

 

それはピザボックスの組み立てバイトです。

 

「ピザ屋の箱組立て」

 

 

映画の中で出るピザ屋さんはピザハットやドミノピザのような大手会社ではなく、

規模の小さい安くて手軽く食べれるピザ店の設定になっています。

 

 

 

동네피자(町ピザ)とも呼ばれるピザ店は現在韓国にたくさんある庶民的なピザを体表する象徴です。

日本円で600円から最大1200円くらいまでで注文できますし、

味も中々いいです。

 

安くて手軽く食べれるピザ屋のバイトをする事でこの家族の貧しさを強調します。

 

 

대만카스테라 台湾カステラ

 

ポン・ジュノ監督の映画はこんな特徴があります。

最も韓国的なことで世界観を表現し、ディテールな象徴を使って時代相を表現します。

 

「台湾カステラ店の経営失敗」

 

 

台湾カステラ店の経営失敗は映画の中で貧しい家族の今の状態を観客にもっと納得させるキーワードであります。

韓国では「台湾カステラ」は 没落 を意味するからです。

 

台湾カステラは2016年から2017年の間、小資本でできるビジネスとして人気がありました。

庶民が始められるフランチャイズ事業としてですね。

でもそれは長く続かなくて、ある番組での告発(結果的に問題ないと判明される)ですぐ転落してしまいました。

 

イメージの墜落はもちろん売り上げの低下が潰れる原因になり店が続々閉店することになったのです。

 

 

 

家族がここまで貧しくなった原因として監督は観客を納得させなきゃいけないですね。

そこでポン監督は台詞ではなく「時代の象徴(台湾カステラ)」を取り入れる方法を選びました。

 

韓国人ならみんなすごく納得することも当然です。

 

 

짜파구리 チャパグリ

 

 

映画の中で出る「채끝살 짜파구리(サーロイン入りチャパグリ)」はもっと深い意味があると思います。

 

なぜ監督は多数の食べ物の中で「짜파구리」を選んだのか?

 

チャパグリは韓国のリアリティー番組で紹介されたインスタントラーメンのレシピであります。

 

짜파구리(チャパグリ) = 짜파게티(チャパゲティ) + 너구리(ノグリ)

 

キャンプなんかで軽く美味しく食べれるインスタントラーメンです。

 

チャパグリレシピ
【レシピ】話題の 짜파구리 チャパグリを作ってみました!

    アンニョンハセヨ! YOULOVEKOREAのキムです!   この前、メガドンキに ...

続きを見る

 

キム先生
確か牛肉入りが美味しいですが、元々「チャパグリ」は肉無しですよ!

 

「パラサイト」では、

最も庶民的なものである「チャパグリ」をサーロインステーキと一緒に食べることで貧富の格差を表したと思います。

また、チャパゲティとノグリが貧困な2つの家族を意味し、

サーロインはリッチな家族を表して、

この3つの家族が一緒になって起きることについての内容とも言えます。

 

 

채끝살(サーロイン)は牛肉の中でも値段がちょっと高めですね。

その中でも特に 한우채끝살 (韓牛のサーロイン)は値段も味も最高級です。

それをチャパグリと食べる事は、貧と富の区切りをつける事ではないかなと。

 

日本も同じだと思いますが、いい牛肉はそのまま焼いて食べる人が多いからです。

また、このチャパグリも今の時代を表すものであるので、

何十年してからこの映画がいつ作られたかが「짜파구리」と言う素材で分かると思います。

 

これがポン監督のやり方です。

 

 

まとめ

 

これはあくまでも個人的な意見です。

 

私の大学時代、

ポン・ジュノ監督の短篇映画を偶然観てから、

ファンとして、一人の観客として、

映画の中に隠されている監督の意図的なコードを探して来ました。

 

そういう意味で、私の解釈が皆さんのこの映画の理解に少しでも助けになれたらいいと思います。

 

それでは

またね!

★この記事はいかがでしたか?★

  • この記事を書いた人
キム先生

キム先生

初めまして!ブログ筆者のキムです。 ソウル生まれのソウル育ちで、日本人と結婚してはや10年以上住んでます。 韓国の食べ物や化粧品について記事を書いたり、韓国語教師していますので韓国語についても書いています。ぜひ記事に興味を持っていただけると嬉しいです! 絵を描くこと、映画を見ることや食べることが好きです。

-食べ物
-, , , , ,

© 2020 You love Korea